So-net無料ブログ作成
検索選択

beagleboard を触ろう - angstrom ブート [組み込みソフト]

まずは、バイナリを入手してブートさせる方法を試してみましょう。
入手するバイナリは、ブートローダーと Linux カーネルと、Linux ファイルシステムです。

http://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-beagle-board/

を全面的に参照して、手順通りやってみましょう。
↑でブートさせる Linux は、Angstrom というディストリビューションです。

google で angstrom beagleboard で検索すると、Angstrom Distribution のバイナリが置いてあるページが見つかります↓

http://www.angstrom-distribution.org/beagleboard-demo-image-available

ここから、uImage, MLO, u-boot.bin, rootfs をダウンロード。
おっと、rootfs はリンク先が無効になっていてダウンロードできなかったので、

http://www.angstrom-distribution.org/demo/beagleboard

から Angstrom-Beagleboard-demo-image-glibc-ipk-2011.1-beagleboard.rootfs.tar.bz2 を取得。

uImage, MLO, u-boot.bin, Angstrom-Beagleboard-demo-image-glibc-ipk-2011.1-beagleboard.rootfs.tar.bz2 で、Linux ブートに必要なものが揃いました。

uImage:
Linux カーネルイメージ (u-boot からのブート用イメージ)

MLO:
第1段ブートローダー(正確には第2段)

u-boot.bin:
第2段ブートローダー(正確には第3段)

Angstrom-Beagleboard-demo-image-glibc-ipk-2011.1-beagleboard.rootfs.tar.bz2:
Linux ファイルシステム

これらを SD カードにコピーします。
SD カードは、1回だけ fdisk を使った初期化が必要です。
fdisk を使うので、Linux マシンが必要です。

SD カードの初期化により、先頭 64MB を FAT32 に、残りの領域を ext3 にします。
細かな手順は、↓を全面的に参照させていただきました。

http://www.xstech.co.jp/Beagle_1/SD_1.htm

fdisk が終わった後、MLO, u-boot.bin, uImage を FAT32 領域にコピーし、ext3 領域に rootfs を展開します。
root 権限でないとダメかもしれません。

# cp MLO u-boot.bin uImage /media/Begl_Boot
# cd /media/Begl_Root
# tar jxvf ~/Angstrom-Beagleboard-demo-image-glibc-ipk-2011.1-beagleboard.rootfs.tar.bz2
# cd
# umount /media/Begl_Boot
# umount /media/Begl_Root

みたいな感じです。
MLO は一番先にコピーせよ、と色んなところに書かれていますんで、それに倣っています。

これでブート準備完了です。
シリアルケーブルで beagleboard とノート PC を、HDMI-DVI 変換ケーブルで beagleboard と液晶ディスプレイを繋ぎ、SD カードを入れ、5V 電源を繋いでブートします。

おお!
u-boot が起動する段階で液晶ディスプレイがオレンジ色になりますね。

u-boot_LCD.png

Linux もちゃんとブートします。

angstrom_LCD.png

USB キーボードとか USB マウスとかを繋いでおくと Linux 上でちゃんと使えるみたいですが、とりあえずブートしただけで良しとします (^^;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。